銀座総合美容クリニックの3Dプリントの技術

近年3Dプリンタの技術はめまぐるしい発展を遂げていて、パソコンなどで作製したモデルを簡単に3D化することが可能となっています。
今回は薄毛治療における3Dプリントの応用について紹介していきます。

3Dプリントとはどのような技術か

まず3Dプリントとは紙に目的のものを印刷する2Dプリントとは異なり、樹脂などを使用して目的に物を立体的に印刷する技術を指します。パソコンなどで作製した3Dモデルを基にして立体を複数造形することが可能なので、多くの分野で注目されている技術です。
近年では家庭用の3Dプリンタも登場し、より身近な技術になってきています。

3Dプリント技術を薄毛治療に生かす

薄毛治療で難しい点は、治療の効果を主観的に判断する他なく、施術後にどのような状態になるのかを知ることができない点にあります。そこで銀座総合美容クリニックは3Dプリント技術を採用し、薄毛治療の前後における毛量を3Dで比較する試みを行っています。
銀座総合美容クリニックでは毛量の数値化を行っており、これによって治療効果を上げる取り組みを行ってきましたが、数値だけではどうしてもわかりづらい部分がありました。そこで毛量を数値化した後、3Dに視覚化することによって、患者は治療後の毛量を360度見渡すことができるので、より客観的に治療効果を知ることができるというメリットを持っています。

治療効果を知ることはとても大切

薄毛治療は人によって効果が異なる上に、比較的長期の治療期間を必要とするものです。
治療期間が長いとそれだけ費用もかかることになりますので、治療の効果を視覚で理解することは非常に大切な要素となっています。
銀座総合美容クリニックでは、このような最新の技術を積極的に取り入れることによって、よりわかりやすい治療、より効果が高く負担の少ない治療を目指しています。

薄毛に不安を抱えているという方は、銀座総合美容クリニックを利用することでその効果を視覚的に見ることが可能です。薄毛は早期の治療が必要不可欠ですので、もしも迷っていた相談してみると良いと思います。